夏に気を付けるべき感染症について

毎年、夏になると、小さい子供を中心に感染症にかかる人が急増します。
色々な感染症が見られますが、最も代表的なものがヘルパンギーナです。
このヘルパンギーナとは小児の急性ウイルス性咽頭の事で、主に赤ちゃんから5歳までの子どもがかかりやすいです。
高熱、喉に水疱がたくさんできるのが特徴で、発症から2、3日で5mm以内の黄灰白色の浅い潰瘍に水疱が変化していきます。
症状が進行すると、全身を激痛が走り、頭痛が治まらなくなります。

その他にも、プール熱も夏にかかりやすい代表的な感染症といえます。
これは正式には咽頭結膜熱という名称の病気で、アデノウィルスというウィルスに感染することで起こります。
感染している子どもとプールに入ると瞬く間に広がるほど強力なウィルスであることから、プール熱と呼ばれるようになりました。
38℃から39℃の高熱、喉の腫れや痛み、鼻水やせき、時には肺炎を起こすことがあるので、注意が必要です。

そして、近年、急増している感染症といえば手足口病です。
この手足口病とは、口内炎や手足に水疱性の発疹ができるウイルス性の感染症のことです。
近年では、手足の他にも、背中、腕、太もも、耳、お尻などにも水疱ができるケースが見られています。
飛沫感染、接触感染によって感染が拡大する傾向があるので、幼稚園など乳幼児が集団生活をしている施設では注意が必要です。

そして、最後に溶連菌という感染症も夏に起こりやすいと認識されています。
溶連菌は、溶血性連鎖状球菌という細菌が飛沫感染することで起こる病気のことです。
初期症状は38度から39度の熱、喉の痛み、嘔吐を感じるケースが多く、風邪の症状と似ているのが特徴です。
ただ症状が進行していくと、喉が真紅になり、周辺にも点々と広がっていきます。
また、首や胸、手首や足首に赤い細かい発疹も広がり、少しかゆみを伴います。

夏に起こる感染症の対策として有効なのは、帰宅後に手洗いをしっかりとすることです。
というのも、感染した人が触れたものに触ると、病原体が手を介して口、目、鼻などの粘膜から体内に入って感染するからです。
よって、石鹸でこまめに手を洗って菌を除去することで、感染の機会を抑えられます。

食中毒も感染症として取り扱われることもある

高温多湿の梅雨の時期になると、一気に患者が増えるのが食中毒です。
飲食店はもちろん、家庭、また日本ほど衛生面の整っていない海外に旅行に行った際にも食中毒にかかってしまう方は多く見られます。
食中毒になると、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が起こり、とても苦しい思いをすることになります。
実は、食中毒は近年、感染症として取り扱われることもあります。

そもそも食中毒とは、ウィルスが付着している食品、お皿などを口に入れることで健康障害を被ることです。
高温多湿の梅雨の時期に増える理由は、食中毒のウィルスの多くは20度くらいの室温で活発に増え始めるからです。
そして、人間の体温と同じくらいになると一気に増殖するスピードが速くなっていきます。
また、細菌は高い湿度を好んで繁殖するので、気温が高く湿度も高くなる梅雨に食中毒が増え始めるということです。

一般的に食中毒というと、海外旅行や家庭などでウィルスに感染している食品を体内に摂取することで起こると思われがちです。
しかし、実は、その他の経路でも感染する恐れがあります。
たとえば、食中毒に感染した人が吐く息を、周りの人が吸い込んでしまうことでも感染してしまいます。
あるいは、感染者が嘔吐した物、便などを処理した際に、手や器具を介して感染するケースもあるのです。
また、自宅で飼っているペットが感染した場合も、その動物や糞尿に触れることによって感染してしまいます。

このように食中毒は、原因となるウイルスに触れたり、吸い込んでしまうことで、人から人へと感染してしまう例もあります。
つまりは、感染症と同じような経路で発症しているというわけです。
よって、食中毒も感染症としても取り扱われているのです。