リレンザというインフルエンザ治療薬はオススメ

体の節々が痛くなり、高熱が急に出たらインフルエンザかもしれません。
インフルエンザかもと思ったときには、早めに病院に行くことがおすすめです。
幹線後8時間以内なら、リレンザというインフルエンザ治療薬を効果的に使うことができます。
インフルエンザのA型やB型の場合に、投与されることがあるリレンザは、インフルエンザ治療薬で、ザナミビル水和物という成分が含まれていて、インフルエンザウイルスが増殖を抑える働きがあります。

インフルエンザウイルスは、人間の体内の細胞に入り込み、入り込んだ細胞の中で遺伝子を複製します。
遺伝子の複製ができると、次の細胞に移動し、遺伝子を複製することを繰り返し、ウイルスが増殖していきます。
リレンザを投与することでほかの細胞に移動することができなくなるため、インフルエンザウィルスが増殖できなくなるという仕組みです。
リレンザがウィルスの移動を抑え、ウィルスが増殖できずにとどまっている間に、人間の免疫力でウィルスをやっつけて衰退させることができるため、つらい症状が出る期間を短縮することができるというわけです。

リレンザは、インフルエンザに感染してから48時間以内に吸入することで、症状は1日半程度短縮することができる効果がある薬です。
下痢や吐き気、発心などの副作用が出る可能性は、あまり高くないので、比較的安心して使うことができますが、症状が出た場合には、すぐに病院に行きましょう。
安全性が比較的高く、妊娠中や授乳中の人にも投与されることが多く、子供にも使用することができる薬です。

リレンザの効き目は、早ければ2日目から出るので、高熱がおさまってくるなど症状が楽になってきます。
解熱剤ではないので、急に熱が下がったり、体が楽になったりすることはありませんが、インフルエンザウィルスの増殖が抑制され、症状が悪化したり、長引いたりしなくなるので、体力の消耗を軽減することができ、つらい症状に耐える期間も短くなります。
リレンザと一緒に解熱剤が処方されることが多いので、解熱剤を飲んで、安静にすることが大切です。

1日2回の服用が必要!飲み忘れに注意!

インフルエンザの症状が続く期間を短縮することが期待できる治療薬のリレンザは、インフルエンザウィルスの増殖を抑える働きがあるザナミビルという成分を含んでおり、感染してから48時間以内に吸入することで、効果があると言われています。
副作用の心配が少なく、子供や妊婦さんでも使用することができ、予防薬としても使用することができる薬です。

リレンザは、薬が入った部分を専用の吸入器を使って吸い込むタイプの薬で、治療に使う場合には、1日2回の服用を合計5日間続けることが一般的な使い方です。
インフルエンザの症状が出ているときには、熱があったり、体がだるかったりするため、眠ってしまう時間が長くなりますが、1日2回吸入することが必要なので、飲み忘れに注意しましょう。

リレンザの長所は、インフルエンザのつらい症状が出る期間を短縮できて、重症化を防ぐことですが、副作用の心配が少ないため、子供や妊婦さんなど重症化を特に防ぎたい人にも使えることが大きな長所です。
1日2回吸入しなければならないため、飲み忘れに注意して使うことが短所かもしれませんが、最後までしっかりと服用しましょう。
また、吸入が難しい子供にとっては、吸入するタイプであることが短所と言えますが、吸い込むだけでよく、多くの子供が服用することができているので、初めて使用する場合は、使い方を教えてあげてください。

リレンザは、インフルエンザの予防薬としても使うことができるため、子供が多い家庭や妊婦さん、お年寄りがいる家庭などは、早めに病院に行って相談をしておくことがおすすめです。
リレンザを予防的に使用していると、かかってしまった時でも、重症化しにくく、早く症状が軽減することが期待できます。