インフルエンザ治療薬の革命!?イナビルとは

イナビルとは大きな注目を集めているインフルエンザ治療薬です。
これまでの他のインフルエンザ治療薬とは一線を画した特徴を持っており、これからの治療や対策を大きく変える可能性を秘めています。
イナビルの最大の特徴とも言えるのが服用が1回でOKというところです。

他の治療薬は基本的に複数回の服用が必要になるので、飲み忘れのリスクや決まった時間に飲まなければならない手間がありました。
しかし、イナビルは最初の1回服用が完了し、長時間にわたって効果が現れ続けます。
1回の服用で良いということはウイルスに耐性を付けさせにくいという長所にも繋がっています。
イナビルは吸入型の治療薬であり、インフルエンザウイルスの増殖部位である喉や気管支に直接的に働きかけます。
全てのインフルエンザの型に対応できるわけではありませんが、日本では主流のA型やB型に効果を発揮します。
正式名称はラニナミビルであり、イナビルは商品名となっています。

治療として用いる場合はできるだけ早く投与を開始することが非常に重要です。
インフルエンザの発症から48時間以上経過すると、効力を発揮できない可能性もあります。
これはイナビルの数少ない短所の1つです。
イナビルは高い効果を発揮してくれる治療薬であり、効くのも早いですがウイルスがすぐに死滅するわけではありません。
インフルエンザの発症後の5日間及び解熱後の2日間を安静に過ごさなくてはならない点は他の治療薬と同じです。
イナビルには解熱効果もあるので投与すると、大きく体調が改善するケースも少なくありません。
しかし、稀に熱が再発する可能性もあるので体調が良くなっても自宅療養が基本となります。
通常の治療薬に比べて、やや飲みづらいのが短所ですが薬局で薬剤師の指導のもと飲むことで問題はなくなります。
イナビルにはラニナミビルオクタン酸エステルという成分が主に含まれており、子供に対してはやや量を減らすことで対応します。
成分自体は大人も子供も同じものを使用します。
10歳未満の幼児や妊娠中の方にも量を調整すれば投与できるとされています。

インフルエンザ治療だけはない!予防にも使用可能!

イナビルの大きな長所の1つには予防にも使える点が挙げられます。
インフルエンザを発症していなくても感染しているという可能性も考えると、事前に飲んでおくメリットは非常に大きいと言えます。
また、一切感染していなくても予防効果を発揮します。
ただし、治療と予防ではイナビルの用法や用量が大きく異なります。
予防としてイナビルを使用する場合は概ね持続時間が10日ほどとされています。
しかし、イナビルの処方には処方箋が必要であり、どんな状況でも処方してもらえるわけではありません。
家族に感染者がいることを医者に伝えることで予防用に処方してもらうことが可能となります。
ただし、予防用にイナビルを処方してもらう場合は保険の適用外になります。
そのため、やや高額で購入せざるを得ません。
持続時間が10日であることを踏まえると、流行の期間中に何度か購入する必要があります。
それでも受験生など絶対に感染したくないという方にとっては大きな魅力があります。

イナビルには副作用として下痢やめまい、胃腸炎、蕁麻疹などが発生する可能性があります。
高い効果を持つ薬なので一定の副作用があることは止むを得ません。
それでも重篤な副作用は滅多に発症しない点はイナビルの魅力の1つと言えます。
ただ、既に何らかの疾病を患っている場合はそれらと組み合わさってしまうことで、重篤な副作用を誘発してしまう可能性が0ではありません。
その際にはすぐに病院を訪れるようにしましょう。
妊娠中の方や授乳中の方にも投与可能というデータが既にありますが、これからさらに研究が進められる余地もあります。
そのため、妊娠中の方に投与するにしても医師は慎重に判断を下す必要があります。