インフルエンザ治療薬といえばタミフル

ウイルス タミフルは、インフルエンザの特効薬として日本国内ではパンデミックに備えて備蓄されている医薬品であり、A型ウイルス及びB型ウイルスの感染患者に対して実際に処方されていますが、C型ウイルスに対してタミフルの医薬成分は効果が無いとされています。
インフルエンザC型は、アミノ酸に関連する連続変異が発生する程度とA型ウイルスに比べて変異が少ないので抗体の効果が長く1度感染すると感染する確率は非常に低く、症状も鼻風邪様相と軽いのでインフルエンザと気付かないケースがほとんどです。

タミフルは、中国原産の常緑高木トウシキミの実である八角から抽出されるシキミ酸をベースとして化学合成されるオセルタミビルを主成分とする医薬品ですが、現在では大量生産を可能とする為に八角由来のシキミ酸以外の物質からのオセルタミビルの合成法も開発されています。
オセルタミビルは、増殖したウイルスが感染細胞表面から遊離する際に必要とされる酵素ノイラミニダーゼに作用する事でウイルスの遊離及び拡散を阻害する事でインフルエンザウイルスの爆発的な増殖を抑制し、発症及び症状の重症化を回避する効果を発揮します。

タミフルは、酵素ノイラミニダーゼに作用する医薬品なのでインフルエンザウイルスを直接死滅させる医薬効果は無いとされているので、体内で抗体が形成されウイルス増殖が抑制され始める発症後48時間以内に服用する必要があり、発症から48時間以降の服用による医薬効果はほとんど無いとされています。
タミフルは、発症から48時間以内に服用する事で抗インフルエンザ薬としての効果を発揮しますが、感染者との接触後48時間以内の服用に加え7日間~10日間服用を継続する事で発症を1%台まで予防する医薬効果が得られ、感染者との接触から時間の経過が少ないほど予防効果が高いとされています。

タミフルは、日本と同様にアメリカやイギリスでも処方箋薬に分類され、医薬品の添付されている使用上の注意には皮膚粘膜眼症候群や肺炎、急性腎不全、アナフィラキシーショックなどの重篤な副作用への危険性も記載されていますが、基本的に医師の管理下での投与は副作用の危険性が低く乳児や新生児、妊婦への処方が可能な医薬品とされています。

タミフル服用で異常行動が見られる?

タミフルは、他の医薬品と同様に体質によっては腹痛や下痢、吐き気などの軽度の副作用を発症してしまうケースもありますが、飛び降りや転落などの異常行動と10代のタミフル服用者との因果関係は無く、実際に厚生労働省は10代のタミフル服用者の意識障害に伴う異常行動はインフルエンザ脳炎及び脳症による症状なので10代のタミフル服用者と服用時の異常行動には因果関係は認められないと言う見解を公表しています。

タミフルは、添付されている注意書に妄想やけいれんなどの精神・神経症状の発症リスクが記載されていますが、インフルエンザ発症時は38度を超える高熱な病態となっているので特に10代の感染者は幻聴や幻覚、興奮状態などの病態を伴う熱性せん妄を発症するケースも多く、健康時の様に幻覚や夢と現実の区別が正常に出来無い上に熱性せん妄時は身体は覚醒状態なので異常行動をとってしまうリスクが高く、異常行動とタミフルの因果関係は無いとされています。

異常行動は、10代のタミフル服用者に限らず脳に何らかの障害が生じた結果として発症しますが、人間には脳への血液の関所とも言える血液脳関門があるのでタミフルの医薬成分は脳にほとんど取り込まれ難く、タミフルの医薬成分が脳にほとんど取り込まれないので異常行動を誘引する脳の障害を引き起こすリスクも低く、異常行動とタミフルの因果関係は認められないと考えられています。

タミフルに関しては、様々な研究機関や政府機関が異常行動との因果関係を否定する見解を発表している事とインフルエンザによる死亡率を著しく低下させている医薬効果を考慮するとタミフルの服用を避ける根拠が無く、10代の服用者の異常行動に関しては保護者が責任を持って看病すれば大きな問題となる事は無いとされています。